受注確度の高い見込み客を獲得できます

Webサイトを活用した見込み客解約の方法には、「Webサイトに見込み客を集客する方法」「Webサイトのアクセス解析で見込み客を開拓する方法」の2つの方法があります。今回は、Webサイトのアクセス解析で見込み客を開拓する方法をご説明します。また、アクセス解析を行うことで、顧客のニーズを知ることもできるので、マーケティング的な使い方もできます。

Webサイトのアクセス解析で見込み客を開拓する方法

Webサイトのアクセス解析を、営業が見る機会は少ないと思いますが、アクセス解析をすると、営業エリアからのアクセス状況、どの製品に関心を持っているか? などの情報を得ることができ、販促に活用することができます。また、Webサイトにアクセスした会社を調べることもできます。

Webサイトのアクセスしている会社を調べる

アクセス解析では、Webサイトにアクセスした、ドメイン名(インターネット情報の名前)を調べることができます。ドメイン名を調べることで、Webサイトにアクセスした会社を見つけることができます。また、ドメイン名と閲覧ページを組み合わせれば、どこの会社が、どの製品に関心を示しているかがわかりますので、その製品の資料を送付して、見込み客開拓につなげることができます。

閲覧ページからWebサイトを改善して見込み客を開拓

アクセス解析で、ページ別のアクセス数を調べることで、Webサイトにアクセスしたユーザーが関心を示している製品を調べることができます。

参考:営業の思惑が違ったケース
過去にアクセス解析を行った会社では、営業は法人向け製品のページがよくアクセスされていると思っていたが、実際には個人向け製品へのアクセスが多かった事があります。個人向け製品へのアクセスが多い原因が、製品を購入したユーザーがブログで紹介をしたことが原因です。

アクセス解析レポート内容

営業が見込み客開拓で活用できるアクセス解析レポートを作成します。

  • Webサイトにアクセスしたユーザー数
  • ページの閲覧状況(PV数)
  • 都道府県別または市区町村別のアクセス数
  • Webサイトにアクセスしたユーザーの性別と年代
  • Webサイトのリピート回数
  • 検索キーワード
  • 問合せまたは資料請求のコンバージョン率(コンバージョン設定をしている場合のみ)
  • ページへのアクセス数TOP20
  • ページ別ドイメイン名(会社名)リスト(co.jpと.jpに限る)
  • ドメイン名リスト

料金

項目 料金 契約期間
アクセス解析レポート作成 30,000円(税別) 1回毎