Webサイトを活用した見込み客開拓

Webサイトを活用した見込み客開拓

Webサイトのアクセス解析で見込み客開拓する方法

Webサイトを活用した見込み客解約の方法には、「Webサイトに見込み客を集客する方法」「Webサイトのアクセス解析で見込み客を開拓する方法」の2つの方法があります。今回は、Webサイトのアクセス解析で見込み客を開拓する方法をお話します。アクセス解析を活用した方法は、顧客のニーズを知ることもできるので、マーケティング的な使い方もできます。

Webサイトのアクセス解析で見込み客を開拓する方法

いまのWebサイトのアクセス解析を、営業が見る機会は少ない(無い)と思いますが、アクセス解析をすると、営業エリアからのアクセス状況、どの製品に関心を持っているか? などの情報を得ることができるので、販促などに活用することができます。

Webサイトのアクセスしている会社を調べる

アクセス解析では、Webサイトにアクセスした、ドメイン名を調べることができます。このドメイン名から「どこの会社がWebサイトにアクセスしているか?」を知ることができます。
例えば、製品ページとドメイン名を組合せれば、どこの会社が、どの製品に興味を示しているか? を知ることができるので、資料を送付して見込み客開拓することができます。

営業エリアからのアクセス状況の活用

アクセス解析を行うと、都道府県別または市区町村別のアクセス状況を調べることができます。地域別のアクセス状況を調べることで、営業エリアからのアクセス状況を知ることができます。もし、営業エリア無いで、アクセスが少ない地域があれば、アクセスの少ない地域の企業に、DMを配布して見込み客を開拓することもできます。

閲覧ページからWebサイトを改善して見込み客を開拓

アクセス解析で、どのページがよく見られている(読まれている)かを調べて、その情報に合わせて、トップページやページ内容を見直しして、見込み客を開拓する方法です。この方法は、Webサイトからの問合せを増やす対策としても有効です。

今回は、アクセス解析を活用した見込み客開拓の一例をご紹介いたしました。
営業でWebサイトを活用して、見込み客開拓をしたいが、営業でWebサイトを活用することができない場合に、活用できる方法です。

営業ノウハウカテゴリの最新記事