低予算で手間をかけない新規開拓営業

法人企業をターゲットに新規開拓を行う企業では、自社Webサイトを活用することで、低予算で手間をかけずに「見込み客の獲得」を行うことができます。法人企業の担当者は、新しい商品やサービスの購入を検討する時に、企業のWebサイトから情報収集を行うため、法人企業をターゲットとした新規開拓では、Webサイトの活用は必要不可欠です。

そのため、は法人企業をターゲットして新規開拓をする場合、Webサイトは非常に効果があります。
また、見込み客獲得の手間を削減することができます。

さらに、貴社の顧客リスト・名刺の活用、メルマガ、PPC広告(検索連動型広告)、商工会議所のサービス、プレスリリースの配信などの販促方法を組合せて、見込み客を獲得する仕組みを作ります。

メモ:BtoBサイト調査 2018

この調査は、トライベック・ブランド戦略研究所が行ったBotB顧客側におけるWebサイトの利用状況です。この調査結果からも、企業のWebサイトの有効性を分かっていただけると思います。

出典:トライベック・ブランド戦略研究所「BtoBサイト調査 2018」

自社の強みは受注確率を上げる

新規開拓を始める上で重要なのは、「自社の強み」を明確にすることです。
これは、トヨタ系企業の元調達担当者の話ですが、「最終的に2社が残り優劣つけがたい場合、強みが明確な企業」を選ぶそうです。強みは自社の”力”を見直すだけでなく、顧客の選択肢にもなるため、新規開拓を始める前には自社の強みを明確にする必要があります。

弊社の新規開拓営業の進め方は、貴社の事情に合わせたプランを作り進めていきます。
貴社の営業体制のヒアリング、貴社の強みの検討、新規開拓のターゲット設定を行った後に、コンサルティングプランを作成します。また、新規開拓営業を始めた後、営業担当者のモチベーション維持とフォローを行い、貴社の新規開拓営業のサポートをいたします。

新規開拓営業コンサルティングの流れ

ヒアリング
現状の営業体制、要望などをお伺いいたします。
自社の強みの検討とターゲット設定
新規開拓を行うで重要な「自社の強み」とターゲットの検討を行います。
コンサルティングプランのご提案と了承
営業体制、要望、自社の強み、ターゲットなどから、新規開拓営業を支援するための、コンサルティングプランをご提案いたします。ご提案に了承をいただきましたら、コンサルティングを始めます。
営業担当者へのフォロー
新規開拓営業を始めた後、営業担当者のモチベーション維持やフォローを行います。
コンサルティングの終了
新規開拓営業が軌道に乗ったらコンサルティングの終了となります。
新規開拓の検討から軌道に乗せるまで、最低6ヶ月間を目安としています。

コンサルティング内容

新規開拓営業のコンサルティングは、以下の項目についてコンサルティングを行います。
但し、貴社の状況によっては、コンサルティング内容を変更する可能性もあります。

  • SWOT分析による営業戦略の立案
  • 営業目標の検討
  • ターゲットの具体化
  • 新規開拓営業方法の検討と具体化
  • 営業ツールの検討と制作支援
  • 広告宣伝等のPR活動の支援
  • 営業のモチベーション維持とフォローの実施

料金体系

企業規模 月額料金 契約期間
中小企業 70,000円(税別) 6ヶ月
個人事業主 30,000円(税別) 6ヶ月

※コンサルティング期間は、進捗状況により延長する場合があります。コンサルティング期間の延長は、貴社と協議を行い決定をします。
※中堅企業以上のお客様については、ご要望等を伺い別途お見積をいたします。詳しくは、お問合せください。