ウェブサイトの問合せが増えない原因

ホームページの問合せ問題を抱えている企業は多い。しかし、多くの企業が対策を間違えています。
原因は、ユーザーが求める情報とホームページに掲載されている情報とのミスマッチによるものです。
そのため、問合せを増やすためにSEO対策たPPC広告、SNSの活用をしても解決はしません。

アクセス数と問合せ件数は無関係

弊社の事例からも、アクセスが数千ユーザーあるホームページでも、月の問合せ件数が1件~2件しかないこともあります。逆に、アクセスが100ユーザーにも満たないのに、月の問合せ件数が3件~5件あることもあります。ホームページの問合せを解決するためには、掲載情報を求めるユーザーをホームページに集客するための改善が必要です。

アクセス解析で原因調査

ホームページの改善を行うためには、アクセス解析で原因調査をする必要があります。原因調査をするポイントは、サイト全体やページごとの直帰率、検索キーワード、地域などです。

直帰率

直帰率は、ホームページにアクセスしても、直ぐに他のサイトに離脱した割合です。言い方を変えれば「ユーザーを逃がしている割合」です。この直帰率が6割を超える場合には、ユーザーが求める情報と掲載情報のミスマッチが発生していることになります。直帰率の改善には、サイト全体の見直しを図る必要があります。

検索キーワード

検索キーワードでニーズにマッチしたユーザーを集客できているかを調べることができます。ニーズのミスマッチが起こっていれば問合せの件数にも影響をします。そのため、ミスマッチを解消するために、ページタイトルやページに、適切にキーワードが含まれる改善が必要になります。

地域

地域で都道府県別のアクセス状況を調べることで、営業エリアからのアクセス状況が分かります。アクセスユーザーの地域と営業エリアのミスマッチが起これば、問合せ件数にも影響を与えます。そのため、営業エリア以外からのアクセスが多い場合には、ページタイトルに県名を追加するなどの対策が必要になります。

まとめ

ホームページからの問合せ問題を抱えている企業は多いを感じています。実際、弊社に相談をいただく内容の多くが問合せです。問合せ問題を解決するためには、問合せが増えない原因を明確して、適切な対策や改善を行う必要があります。
いま問合せが増えない問題を抱えているなら、アクセス解析を行ってください。必ず問合せが増えない原因を調べることができます。